Document House Group — JAPAN
 


Managing Your Business Risks
 


リスクマネジメント支援

弊社独自の企業リスク診断サービスシステム「i-CRAS(アイクラス)」(ビジネスモデル特許取得済み)を利用して、リスクマネジメント全般をサポートいたします。 既に100社近い上場企業様が本システムを利用したリスク低減に取り組まれています。

システムを導入される企業様のニーズには、全社リスク評価を定期的に行いPDCAサイクルを回すことを目的とした場合や、買収先企業のデューデリジェンスの一環としてリスク評価を実施する場合、IPOにあたり自社の保有するリスクを上場予定の市場水準と事前に比較したい場合など様々です。

また、「危機対応マニュアル」や「事業継続計画(BCP)」の策定等、様々な業務マニュアルの制作をご支援させて頂きます。さらに、リスクに関する社内研修・セミナーや、提携弁護士によるリーガルチェックも併せて承ります。 未上場の企業様も、多数ご利用頂いておりますので、ご相談、ご連絡をお待ちしております。

リスクマネジメントのフロー



企業リスク評価「i-CRAS(アイクラス)」

i-CRAS は企業の全社的リスクの評価システムで、企業が抱える様々なリスクへの対応優先順位の把握を目的としています。このシステムの大きなメリットは、評価の客観性の担保、実施費用の大幅削減、そして評価期間の大幅短縮にあります。 評価は、CSA(コントロール・セルフ・アセスメント:統制自己評価)の形態で行われます。リスク評価の実施を正味1~2ヶ月で実現したことにより、年度ごとにPDCAサイクルを回すことが可能になりました。 様々な市場・業種に属する企業からのデータをリアルタイムで集計し、リスク保有の平均値との比較から「会社の今」を知ることができます。

◆i-CRASの概要

リスク評価の結果から重要リスクの洗い出しを行い、リスクマップ、リスクランキングを含む診断レポートをご提供します。 リスク評価をクラウドコンピューティングで実施することにより、従来のインタビュー方式と比べ、コンサルティング会社の恣意的な誘導もなく、短期間で手軽にリスク評価を行うことができます。また、自己評価方式(CSA)のため、外部への委託が最小限で済み、その分の費用も抑えることができます。

◆i-CRASのメリット

リスクマップと リスクランキングで、リスクの「見える化」を可能にします。
作業期間は約1~2ヶ月。会社の「今」の状況を評価・分析できます。
全社的リスクマネジメント(ERM)を基本的なリスクの評価から始められます。
外部の専門家ではなく、担当者自らが企業活動で抱えているリスクの評価を行います。
クラウドシステムなので、時間・場所に拘束されずに、評価作業が行えます。
評価結果を市場・業界水準、および過去データと比較できます。

 i-CRASの詳細ページへ ⇒

© 1998-2016  Document House Co., Ltd. Japan   All Rights ReservedPhotography by T.Honma